相続による不動産名義変更

近親者等がなくなり、その方が所有していた不動産を相続することになった・・・という場合にも不動産名義変更がひつお湯になります。

この場合、相続に伴う不動産名義変更なので、相続投棄が必要となります。

名義変更を相続人に変更するためには、法務局に相続登記申請を行わなくてはなりませんし、登録免許税などの実費が必要となります。

また、通常こうした文書を作成するということはとても難しいことなので、司法書士に依頼するということが一般的ですね。

こんな面倒なことをしたくないという方もいますが、名義人が亡くなられたので即、名義変更が必要ということはありません。

ただ、早めに不動産名義変更をしておかないと、そのあとにどんどん相続人が多くなっていく場合もあり、そうなると相続のための不動産名義変更がとても厄介です。

面倒な手続きが多くなるだけなので、できる限り早く不動産名義変更を行っておくほうが無難です。