生前不動産名義変更について

不動産の名義人が、病気しやすくなったり年齢を重ねていくうちに、生きているうちに不動産の名義人を変えておこうと、生前贈与のための不動産名義変更を行うということも多いです。

亡くなられてから相続による不動産名義変更を行うよりも面倒がない、また自分の目が黒いうちに正確に名義人を希望した方に変更できるということもあり、生前贈与の不動産名義変更を行う方も少なくありません。

この場合ももちろん、法務局に登記申請を行う必要があります。

なぜ、生前贈与の際に、名義変更をしっかりしておく必要があるのかというと、受贈というだけでは第三者に対して新しい名義人となる人が、権利の主張ができなくなるのです。

不動産を売買したり担保設定するということもできないので、生前贈与でも、しっかり名義人を変更しておくことが必要となるのです。

不動産名義変更は後回しではなく、こうした法律にかかわる面倒なことこそ、先に行うという心掛けが必要です。