不動産名義変更を売買で行う場合

不動産名義変更を、売買によっておこなうということもありますね。

売主から買主に不動産の所有権が移転した場合、当然、不動産名義変更を法務局で登記申請する必要があります。

売買によって契約したというだけでは、第三者にとって不動産の名義変更が行われたということになりません。

不動産をそのあとに、売買することになったり、担保にするということがあった場合、不動産名義変更を行っていないと、それができないこととなってしまいます。

第三者に対して、不動産権利を主張する必要がある場合には、しっかり登記による不動産名義変更が必要になるのです。

ただ売買の当事者間の合意、若しくは契約で、権利については移転します。

登記しなくても、子の関係に問題が生じるということはありませんが、のちに何らかの変化が起きた場合に、トラブルとならないように、しっかり名義変更しておく必要があるのです。